Just another WordPress site

熱中症についての正しい知識
未分類 | 01月08日更新

微熱の症状でも熱中症の可能性あり

熱中症とは、暑い場所に長時間いることで起こしやすい病気です。熱中症にはさまざまな症状があります。

人の体の中では常に産熱といって熱が作られ、放熱といって熱を逃がす働きを行っています。この二つのバランスがよいときは、平熱を保つことができるのですが、激しい運動をしたときや暑い場所に長時間いることで熱がこもり体温が上がります。体温が上がると皮膚の表面に流れる血液から熱を放出しようとするのですが、その血"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

熱中症はすぐに医者に

夏の季節になると、熱射病や日射病などの熱中症が話題になります。熱中症とは、暑熱環境下において起こる体の障害のことを言いますが、熱射病や日射病というのは熱中症が重症化した症状のことを言います。もう少し具体的にいうと、熱射病というのは、視床下部の体温を正常に保つことができなくなり、体温が40℃を超えてしまうような症状のことをいいます。そのまま放置すれば、死に至る危険がありますので、医者にすぐに見せる必

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

熱中症が起きた時の治療方法

夏の暑い時期になると、熱中症にかかる方が増加します。熱中症は、蒸し暑い風通しの悪い部屋などにいて汗が蒸発せず体内温度が上がることで起きます。近年では、節電のためにエアコンや扇風機をつけずに過ごす方が多く、増加傾向にあるといわれています。
熱中症にかかっている人を見つけた場合、すぐさま応急処置のための治療を行う必要があります。ですが、気をつけないといけないのは、間違った応急処置をすると患者の容態を悪"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

熱中症による頭痛に薬は効くのか

熱中症は夏場など暑い時期に起こりやすく、ひどい場合には命の危険にさらされることもある大変怖い症状です。最近では外で作業する職場だけでなく、日常においても熱中症に対して注意喚起がされています。しかし、それでも毎年この熱中症によって体調を崩してしまったり、命を落としてしまう人がいることも事実なのです。
そもそも熱中症とは、気温が上昇することにより体内の水分とナトリウムのバランスが崩れ、体温調節がうまく"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

熱中症とその症状とは

熱中症とは気温が高い状態が長く続くと汗をかきますがそれによって体の水分や塩分が失われてしまったり、湿度が高いと汗が蒸発せずに熱がこもったままの状態になってしまうため体の中の熱が放出されなくなってしまった状態のことを言います。熱中症の症状としては、初期段階ではめまいや失神、筋肉痛、こむら返り、大量の汗をかくなどが起こります。この症状の場合にはその場で応急処置ができます。頭痛や気分の不快、吐き気、嘔吐

(続きを読む...)

top